【ポケカ】ゾロアークの『げんえいへんげ』先の候補とお勧めカード

ポケカまとめ系
ゾロアーク
©2021Pokémon.©1995-2021Nintendo/Creatures Inc./GAMEFREAKinc.

『げんえいへんげ』のゾロアーク

ゾロアークの特性を再現した様な面白いカードですよね。

そんな面白い特性『げんえいへんげ』の変化候補をリストアップしてみました。

※2022年6月19日更新 『Pokemon Go』まで追加

(一応張るけど、ショップで買うともっと安い)

  1. おさらい『げんえいへんげ』とは
  2. 主な使い方
    1. 特性を使う
    2. ワザを使う
  3. 相性の良いカード
    1. しんかのおこう
    2. クイックボール ハイパーボール
    3. ふつうのつりざお
    4. トレッキングシューズ グッズ
    5. チラチーノ 『やりくり』、レパルダス 『とりひき』
    6. ガラルニャース 『しんかのおたけび』
    7. ザクロ サポート
    8. ネズ サポート
    9. ポケストップ スタジアム(F)
  4. 有効な特性
    1. チルタリス 『いざなうしらべ』
    2. チルタリス 『きせきのまもり』
    3. ヨクバリス 『がめついしっぽ』
    4. ガラルマタドガス 『かがくへんかガス』
    5. ダストダス 『どくだまり』、ドグロック 『ポイズンアップ』
    6. ベトベトン 『ヘドロード』
    7. チラチーノ 『やりくり』、レパルダス 『とりひき』
    8. ワタシラガ 『わたはこび』
    9. ミロカロス 『しずくのまもり』
    10. ヨクバリス 『ふてぶてしっぽ』
    11. フォクスライ 『けむにまく』
    12. ヒスイオオニューラ 『キャリークライム』
    13. アヤシシ 『いそぎあし』
    14. ビーダル 『はたらくまえば』
    15. モココ 『エレキダイナモ』
    16. サクラビス 『れんげきキャンセラー』
    17. ハンテール 『いちげきジャマー』
    18. ビーダル『あんしんダム』(F)
  5. 有効なワザもち
    1. グラエナ 『ワイルドタックル』
    2. ミノマダム 『マダムのいかり』
    3. バサギリ 『たいぼくぎり』
    4. バサギリ 『けちらす』
    5. ワタシラガ 『まんたんのタネ』
    6. アップリュー 『きょうさんねんえき』
    7. グソクムシャ 『ぎゃっきょうぎり』
    8. ガラルサニゴーン 『おしつけさいせい』
    9. ライチュウ 『ビッグスパーキング』『10万ボルト』
    10. パルスワン 『とうしのキバ』
    11. ヒスイ ゾロアーク『はめつののろい』 (F)
    12. ヒスイ ウインディ 『はっぽうやぶれ』 (F)
    13. アローラ ラッタ 『いかりのまえば』(F)
    14. ハピナス 『まんたんたまご』(F)
    15. ヤドラン『たそがれのひらめき』(F)
  6. 『げんえいへんげゾロアーク』を採用できそうなデッキ
    1. ゾロアークデッキ(純構築)
    2. 毒デッキ
    3. エレキブル&ブーバーン
    4. 化石デッキ、ブイズデッキ
    5. 『ダストサイクロン』ダストダス どうぐデッキ
    6. ダイオウドウ&ドータクン

おさらい『げんえいへんげ』とは

特性『げんえいへんげ』

自分の番に1回使える。自分のトラッシュから1進化ポケモン(「ゾロアーク」をのぞく)を1枚選ぶ。その後、このポケモンと、ついているすべてのカードを、トラッシュし、このポケモンがいた場所に、選んだポケモンを出す。

この特性で『VMAXポケモンは出せません』

これは『VMAXポケモンが1進化ではなくV進化』だからです。

主な使い方

相手に合わせて使用する1進化ポケモンを使い分けます。

倒されたとしても『げんえいへんげ』で再度出せるため、複数枚積む必要がないは大きな利点です。

『げんえいへんげ』はトラッシュのポケモンと入れ替えるので、1進化ポケモン送る手段を用意しましょう。

特性を使う

チラチーノの『やりくり』など、場にいれば使える特性を使用します。

進化時に発動する特性は×

ワザを使う

基本的には弱点を付けるポケモンを出します。

例えばグラエナの『ワイルドタックル』

こちらは無色3エネで使えて、特性が発動すると0エネで使えます。

弱点込みでミュウVMAX(HP310)こくばバドレックスVMAX(HP320)をワンパンできます。

このようにエネルギー色を気にせず使えるワザ持ち流行りのカードの対策ができるポケモン使用します。

オーロラエネルギー1つで技がうてるポケモンを採用するのもアリです。

相性の良いカード

しんかのおこう

ゾロアークなり、げんえいへんげ先なりご自由に。

クイックボール ハイパーボール

言わずもがな。

トラッシュに送りながらさらにサーチできます。

ふつうのつりざお

ゾロア、ゾロアーク回収用。

トレッキングシューズ グッズ

自分の山札を上から1枚見て、そのカードを手札に加える。または、そのカードをトラッシュし、自分の山札を1枚引く。

確認して不要ならトラッシュでき、かつディスアドにもなりにくい。

チラチーノ 『やりくり』、レパルダス 『とりひき』

1枚捨てて2枚引く。

「げんえいへんげ」できるし、「げんえいへんげ」先の候補をトラッシュしつつドローできます。

ガラルニャース 『しんかのおたけび』

トラッシュ送る用1

ザクロ サポート

この番、自分の闘ポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+30」される。

自分の番に、自分の手札(「ザクロ」をのぞく)を2枚トラッシュするなら、この「ザクロ」を自分のトラッシュから、相手に見せて、手札に加える。(この効果は、自分の番に使えるサポートの枚数にふくまない。)

トラッシュに送る用2

闘ポケモンを採用しているなら普通に強い。

ネズ サポート

自分の山札から悪ポケモンとエネルギーを1枚ずつ選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

個人的にいいんじゃないかと思っているカード。

ゾロアークはもちろん、悪ポケモンには優秀な『げんえいへんげ』先が多い&ダブルターボエネルギーを持ってこれる一気に盤面が整えられます。

ポケストップ スタジアム(F)

おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分の山札を上から3枚トラッシュしてよい。その場合、その中にあるグッズをすべて、相手に見せて、手札に加える。

収録:「Pokemon Go」

サーチ兼トラッシュ送る用。

ゾロアとゾロアーク以外のポケモンは基本的にトラッシュに送りたいので。

またトラッシュから回収するための『ふつうのつりざお』は手札に持ってこれるのはgood。

有効な特性

チルタリス 『いざなうしらべ』

自分の番に1回使える。自分の山札からサポートを1枚選び、相手に見せる。残りの山札を切り、選んだカードを山札の上にもどす

ドローサポートと組み合わせてコンボ。

チルタリス 『きせきのまもり』

このポケモンは、相手の「ポケモンV・GX」からワザのダメージを受けない。

ワザも無色2で打てるため、対策していないデッキだとこのカードだけでつみます。

また『いざなうしらべ』のチルタリスと使い分けるのもあり。

ヨクバリス 『がめついしっぽ』

自分の番に1回使える。自分の山札から「ポケモンのどうぐ」を1枚選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

ワザは無色3なので一応打てる。

ガラルマタドガス 『かがくへんかガス』

このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手の場のポケモンの特性(「かがくへんかガス」をのぞく)は、すべてなくなる。

非常に強い。悪ポケモンは強力な特性持ちが多いので使い分けるのいいかも。

ダストダス 『どくだまり』、ドグロック 『ポイズンアップ』

ダストダス どくだまり

場にスタジアムが出ているなら、自分の番に1回使える。相手のバトルポケモンをどくにする。

ドグロック ポイズンアップ

このポケモンがいるかぎり、相手のバトルポケモンは、どくでのせるダメカンの数が2個多くなる。

ダストダスと使い分けて毒デッキへ

ベトベトン 『ヘドロード』

このポケモンがいるかぎり、相手のどくのポケモンのにげるためのエネルギーは、1個ぶん多くなる。

毒デッキでの使い分け2。毒デッキ面白そう。

チラチーノ 『やりくり』、レパルダス 『とりひき』

自分の番に、自分の手札を1枚トラッシュするなら、1回使える。自分の山札を2枚引く。

手札交換もできるし、げんえいへんげ先をトラッシュすることもできる。

チラチーノはレベルボールでサーチできる。

レパルダスは悪デッキに採用できる。収録がスタートデッキ100のみなので高価…

ワタシラガ 『わたはこび』

自分の番に1回使える。自分の山札から基本エネルギーを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

ミロカロス 『しずくのまもり』

このポケモンがいるかぎり、このカードの持ち主とその手札は、相手が手札からサポートを出して使ったとき、その効果を受けない。

ヨクバリス 『ふてぶてしっぽ』

このポケモンがいるかぎり、自分のポケモンについているエネルギーは、相手のグッズまたはサポートによる、トラッシュする効果と手札や山札にもどす効果を受けない。

フォクスライ 『けむにまく』

相手のサイドの残り枚数が2枚以下なら、はたらく。このポケモンがいるかぎり、自分のベンチの「ポケモンV」全員は、相手が手札からサポートを出して使ったとき、その効果を受けない。

Vポケモン採用時のボス対策。

ヒスイオオニューラ 『キャリークライム』

このポケモンがベンチにいるかぎり、自分のバトルポケモンのにげるためのエネルギーは、2個ぶん少なくなる。

ふうせんいらず

アヤシシ 『いそぎあし』

自分の番に1回使える。自分の山札を1枚引く。

デメリットはないがメリットも薄い。ワザも無色2なので使えなくもない。

ビーダル 『はたらくまえば』

自分の番に1回使える。自分の手札が5枚になるように、山札を引く。

状況次第でたくさん引けるため強い。

ただ入れているだけだと腐るため、手札をトラッシュに送る手段を用意する必要あり。

モココ 『エレキダイナモ』

自分の番に1回使える。自分のトラッシュから雷エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける。

つけるポケモンはタイプを選ばないので、雷エネルギーを加速手段とするならあアリ。

サクラビス 『れんげきキャンセラー』

このポケモンがいるかぎり、相手の場の「れんげき」のポケモンの特性は、すべてなくなる。

れんげきメタ。

ハンテール 『いちげきジャマー』

このポケモンがいるかぎり、相手の「いちげき」のポケモンは、ワザを使うためのエネルギーが、無色エネルギー1個ぶん多くなる。

いちげきメタ。

ビーダル『あんしんダム』(F)

このポケモンがベンチにいるかぎり、自分の山札は、相手のワザ・特性・グッズ・サポートによる、山札をトラッシュするカードの効果を受けない。

収録:「Pokemon Go」

ライブラリーアウトデッキ対策

ビーダルは優秀な子が多いですね!

有効なワザもち

オーロラエネルギーやダブルターボエネルギー、ツインエネルギーなどで技が使えて、弱点を突いた際にワンパンできるポケモンが候補。

グラエナ 『ワイルドタックル』

無3 ワイルドタックル 160

このポケモンにも50ダメージ。

特性『ハッスルパーク』によって、相手の場に「ポケモンVMAX」がいると0エネで打てます。

ミュウVMAX、こくばバドレックスVMAXをワンパンできるため、1枚入れておくだけでも強い。

弱点でなくともVMAXいれば160出せるので侮れない。

スペシャルアート版がめちゃくちゃかわいい。

ミノマダム 『マダムのいかり』

無2 マダムのいかり 30+

自分のトラッシュにあるポケモンの枚数×10ダメージ追加。

『げんえいへんげゾロアーク』を広めたカード。(かな?)

ミノマダムは草、闘、鋼の3タイプがいるので相手の弱点で使い分けれる。

バサギリ 『たいぼくぎり』

無2 たいぼくぎり

コインを2回投げ、すべてオモテなら、相手のバトルポケモンをきぜつさせる。

コイントス信者のためのカード『けちらす』の方も採用して使い分けもOK

バサギリ 『けちらす』

無2 けちらす

相手のベンチポケモンの数×30ダメージ追加。

闘弱点ポケモン対策

ワタシラガ 『まんたんのタネ』

無1 まんたんのタネ

自分のベンチポケモンを1匹選び、HPをすべて回復する。

VMAXポケモンなどHPの高いポケモンを採用する場合ありかも。

『わたはこび』の方との使い分けもいいかも。

アップリュー 『きょうさんねんえき』

無1 きょうさんねんえき 50×

相手の場の特性を持つポケモンの数×50ダメージ。

状況によっては1エネで結構な火力出せるので侮れない。

グソクムシャ 『ぎゃっきょうぎり』

無2 ぎゃっきょうぎり 30+

相手の場の「ポケモンV・GX」の数×50ダメージ追加。

3体いれば草弱点込みで360ダメージ出せる。

ガラルサニゴーン 『おしつけさいせい』

超1 おしつけさいせい

相手のトラッシュからたねポケモンの「ポケモンV」を1枚選び、相手のベンチに出す。その後、そのポケモンの残りHPが「30」になるように、ダメカンをのせる。

まさに押し付け。

次のターン、トイキャッチャーで引っ張ってきて・・・ふへへ。

ライチュウ 『ビッグスパーキング』『10万ボルト』

雷1 ビッグスパーキング

おたがいの場の「ポケモンV・GX」全員に、それぞれ50ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。

雷2無色1 10万ボルト 180

このポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする。

雷エネルギーを採用するタイプなら使えるかも。

今なら『パルキアVSTAR』メタ

パルスワン 『とうしのキバ』

雷1無色2 90+

相手のバトルポケモンが「ポケモンV・GX」なら、90ダメージ追加。

パルキアVSTARを意識。

ライチュウと違って、雷1とツインエネルギーで打てるのが強み。

ヒスイ ゾロアーク『はめつののろい』 (F)

エネなし 次の相手の番の終わりに、このワザを受けたポケモンはきぜつする。

収録:「ダークファンタズマ」

タイミング次第ではエネなしで気絶させられるのが強力。

使いこなせると

ヒスイ ウインディ 『はっぽうやぶれ』 (F)

エネなし 自分の手札が1枚もないなら、150ダメージ追加。 10+

収録:「ダークファンタズマ」

専用構築と調整が必要ですが、0エネ160も出せる。

アローラ ラッタ 『いかりのまえば』(F)

無3 いかりのまえば 

相手のバトルポケモンの残りHPが「10」になるように、ダメカンをのせる。

収録:「Pokemon Go」

3エネと重いが、毒やダメカン置く系でどんな強力なポケモンも実質ワンパン。

ハピナス 『まんたんたまご』(F)

無1 まんたんたまご

自分のベンチポケモンを1匹選び、HPをすべて回復する。

収録:「Pokemon Go」

ワタシラガより自身のHPが圧倒的に多い『HP200』

ヤドラン『たそがれのひらめき』(F)

無2 たそがれのひらめき

このワザは、相手のサイドの残り枚数が1枚のときにしか使えない。自分のサイドを2枚とる。

収録:「Pokemon Go」

サイドレースぶっ壊してない?え、こんなことしていいの?

ゾロアーク時代きたか?

『げんえいへんげゾロアーク』を採用できそうなデッキ

主なデッキタイプは2種類。

『ゾロアーク主体』採用か、『サポートやサブアタッカー』採用か

作ったわけではないのであくまで『採用できそうな』ということで・・・

ゾロアークデッキ(純構築)

今回紹介したポケモンをふんだんに採用

毒デッキ

状態異常「毒」に寄せた構築

ダストダス、ドグロック、ベトベトン、ヒスイハリーセン(げきつうどく)、ガラルマタドガス等を『げんえいへんげ』で使い分け

『なぶりやき』エンニュートを絡めた特殊状態デッキも面白いかも。

NEW エネは重いけど『アローララッタ』が強力!

エレキブル&ブーバーン

状況に合わせてエレキブルorブーバーンを場に揃える。

化石デッキ、ブイズデッキ

進化ポケモンはすべて1進化かつ、進化元が同じなので。

『ダストサイクロン』ダストダス どうぐデッキ

『ダストサイクロン』のダストダス、『がめついしっぽ』ヨクバリス、『やりくり』チラチーノなど

ダイオウドウ&ドータクン

ドータクンでエネルギーを柔軟に動かして『ごうわんノーズ』を連打。

場にエネルギーが溜まってきたらナットレイにスイッチしても面白いかも。

モミも使える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました