【ポケカ】『いきなりへんげ』メタモンの有力なへんげ先まとめた

ポケカまとめ系

メタモン
©2021Pokémon.©1995-2021Nintendo/Creatures Inc./GAMEFREAKinc.

拡張パック『Pokemon Go』で登場した『いきなりへんげ』メタモン

『いきなりへんげ』って名前的には『Pokemon Go』のメタモンを再現しているんでしょうけど、効果はあんまり関係ないんですね・・・(相手に変身しているわけではないので)

『いきなり”へんげ”』となっているのは『げんえい”へんげ”』を意識しているんですかね?(メタモンなら『いきなり”へんしん”』かなと。)

さておき、非エク好きとしては見逃せない特性ですのでまとめていきます。

おさらい『いきなりへんげ』とは

特性 いきなりへんげ

このポケモンは、自分のトラッシュにあるたねポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)が持っているワザを、すべて使える。[ワザを使うためのエネルギーは必要。]

収録:「Pokemon Go」

「ルールを持つポケモン」をのぞくので、「Vポケモン」や「かがやくポケモン」のワザは使えません。

主な使い方はサポートもできる火力要員

ワザしかコピーできないので基本的には火力要員です。

しかも『普通には使用が難しいワザ』に限られてきます。(普通に使えるならそのポケモンを使えばいいだけですので)

他には『5枚目以降としての使い方』です。

なので『げんえいへんげ』ゾロアークほどの多様性はないかなーと思います。

ただし、進化の必要がないためデッキを圧迫しない&事故の要因が小さいのは大きな利点です。

なお、弱点は付けないので素火力での勝負になります。

相性の良いカード

ボール各種

クイックボール、ハイパーボール、レベルボールが使いやすいです。

また、サイドに埋まったたねポケモンを持ってこれる『ヒスイヘビーボール』は『げんえいへんげ』ゾロアークには無い利点です。

レスキューキャリー・回収ネット

進化が不要なので手札に戻してすぐに出せて使えます。

ディアンシー 『プリンセスカーテン』(F)

特性 プリンセスカーテン

このポケモンがバトル場にいるかぎり、自分のベンチのたねポケモン全員は、相手が手札からサポートを出して使ったとき、その効果を受けない。

収録:「バトルリージョン」

メタモンなどをボスの司令から守れます。いざとなれば『いきなりへんげ』のコピー先としても…

相性の良いワザ

上でも言いましたが、『普通には使用が難しいワザ』、『5枚目以降としての使い方』に限られてきます。

ミカルゲ 『ひとだまれんさ』(F)

悪2 ひとだまれんさ 60×

自分のトラッシュにある「ミカルゲ」の枚数×60ダメージ追加。

収録:「ダークファンタズマ」

まさに『5枚目以降の使い方』です。ミカルゲが4枚トラッシュにあれば240ダメージ出せます。

普通に使っても2枚ほど落ちていれば非エクのポケモンは倒せますし、特性『のろいのことづけ』もなかなか強い特性です。

課題はエネ加速で、ダークパッチは悪ポケモンにしかつけれないので『キバナ』に頼ることが多くなると思います。

コイキング 『いかりのおびれ』 (F)

無2 いかりのおびれ 10+

自分のトラッシュにある「コイキング」と「ギャラドス」の枚数×30ダメージ追加。

収録:「Pokemon Go」

ミカルゲと違い無色2エネで最高250ダメージ出すことができます。その分トラッシュに送る枚数が多いです。

もう一つのワザ「ぴちぴちむれる」でデッキのコイキングを持ってこれるのは面白い。

エネ0ワザ持ち ヒスイビリリダマ、ヒスイバスラオ等

ヒスイビリリダマの『ごきげんチャージ』ヒスイバスラオの『むれをあつめる』

これらはそのまま出しても使えますし、不要になれば回収ネットで回収してトラッシュすればOK

アメイジング系 

デッキのエネルギーを選ばないので5色デッキを作ろう!!

イベルタル 『はかいのさけび』(E)

無2 はかいのさけび

相手の場のポケモンについている特殊エネルギーを3枚まで選び、トラッシュする。

収録:「25th ANNIVERSARY COLLECTION」

相手によってはめちゃくちゃ効くワザ。

無色2個で打てるし、序盤でトラッシュしてしまってもコピーできるので安心。

ヌケニン 『いのちをしぼる』 (D)

無3 いのちをしぼる

相手のバトルポケモンの残りHPが「10」になるように、ダメカンをのせる。

収録:「仰天のボルテッカー」

特性のせいで『普通には使用が難しいワザ』のポケモン。

ダメージではないので無色2個エネルギー系が有効。

やることは『いかりのまえば』アローララッタと同じですが、進化不要な分やりやすいです。

あと10ダメージは毒・やけど・『かんしゃくヘッド』ジグザグマ等

『いきなりへんげ』メタモンを採用したデッキ

思っていたよりも『いきなりへんげ』先がなかったです!!

『ひとだまれんさ』ミカルゲデッキ

とにかくミカルゲをトラッシュへ送る。

「こだわりベルト」込みで270ダメージなのでVSTAR・VMAXのワンパンできないため、何かで補う必要があります。

加えてエネ加速が課題

『いかりのおびれ』コイキングデッキ

ミカルゲデッキよりトラッシュへ送る枚数が多い。

代わりに無色2個系でエネ不足はしづらく、パワフル無色やキャプチャーエネルギーも使えるのはgood!

『いのちをしぼる』ヌケニンデッキ

どんなにHPの大きいポケモンも(ほぼ)ワンパンできる!

課題はミカルゲデッキと同様、エネ加速。

コンボ要素が大きいので事故を軽減する構築が必要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました